じゃあそうしましょうよ

人に読まれる前提の言葉

失われた時を求めて

新潮社で行われている「村上さんのところ」。村上春樹さんの回答の中に、この本の名前があった。で興味を持って。

ちょっとネットで探すと、訳がいくつも出ている。比較したサイトがあったので、それを読んでちくま文庫のものを読むことにした。が、ほぼ絶版状態。

買えるものは速攻買い、只今一巻は手元にある。で読み始めた。

さあ、果たして最後まで、せめてプルースト自身が書いたとされる第四篇まで読めるかな。