じゃあそうしましょうよ

人に読まれる前提の言葉

投稿

推敲してさっき投函してきた。客観的に詩を書くことは難しい。推敲も手元にあればずっと手を入れ続ける。手放しのタイミング。

「百年の散歩」多和田葉子著。一編ずつ読む。